TOKYO
Associate Producer
白戸 千恵子

幼少期をインターナショナルスクールで過ごしたことがきっかけで、国境を超えた人同士の繋がりを創出することへの興味を抱き、大学在学中には国際的なNPO法人であるAIESECで活動する傍ら、様々な海外メディアのプロジェクトマネージャーを務めた。より面白い世界を、そしてよりクリエイティブなアイディアを考えて作ることのできる場所を探していたところWhatever Inc.に出会い、2021年にアソシエイトプロデューサーとして入社。
リズム感の不在を嘆きつつも、ファンクと短歌とヒューマンビートボックスが好き。