粟田 経弘

NYでレコーディングエンジニアとして活動する傍ら、数多くのアーティストやイベントの舞台裏を通じて様々なスキルを取得する。2006年に台北に拠点を移しCM製作、TV番組の編集を行う傍ら、情報工学を専攻。映画「セッデク・バレ」に出会い映画の世界に足を踏み入れ、日本語、英語、中国語のスキルを活かし、プロデューサーとして国際合作の企画開発、プロダクション、コンサート、台湾ドラマの誘致を利用したインバウンドプロモーション、アートスペース「空場」の立ち上げを行うなど多方面で活動する。主要参加作品に「セッデク・バレ」、「KANO」、「沈黙」、「深夜食堂Tokyo Stories Season2」、「安室奈美恵Final Episode」「Master Card-世界で最も使えるmastercard in 台湾」「Kracie-lamellance 」「クローズアップ現代+」など。