カテゴリー
WORK

WFH Jammies

上はビジネス、下はリラックス。リモートワーカー用部屋着「WFH (Work From Home) Jammies」を企画・制作しました。

世界中で新型コロナウィルスが猛威を振るう中、多くの企業が家でのリモートワークを推奨し、Zoomなどを使ったビデオ会議が、新しい働き方として一般的になってきました。自宅でリラックスしながら部屋着で働ける一方、クライアントや上司との会議では、きっちりとした服に着替えなくてはいけない…。

「WFH Jammies」は、そんなリモートワーカーの悩みを解決する部屋着です。ビデオ画面に映る部分だけがフォーマルなシャツスタイル、画面に映らない部分が部屋着になっており、起きてすぐのプレゼンテーションも、寝る前のクライアント会議も、ストレスなく解決してくれます。

また今回、ファッションブランドLOKITHOのデザイナー・木村晶彦さんにご協力いただき、服のデザイン及び製造までを担当していただきました。プロダクトアイデアとしての面白さだけではなく、デザイン性や着心地などにもこだわって制作をしています。

WFH Jammiesは、先行予約販売を行っています。

第二弾 Makuake
期間:5/22~6/29
https://www.makuake.com/project/wfh-jammies/

第一弾(終了) Kickstarter
期間:5/7~5/21
http://kck.st/3funucs

カテゴリー
WORK

D.E.A.D.(Digital Employment After Death )

自身の死後、個人のデータとAIやCGなどのテクノロジーを駆使し、デジタル上での「復活」を再現することを許可する?しない?を意思表明できるプラットフォーム「D.E.A.D.(Digital Employment After Death)」を企画・制作しました。

https://dead.work/

自分の死後、自分の個人データとAIやCGなどを活用して「復活*」させられること、そしてさらには「働かされる」ことを許可するか?の意思表明文書を作成し、ダウンロード/シェアができます。

カテゴリー
WORK

NHK「デザインミュージアムをデザインする」

川村真司がアドバイザーを務めている「日本にデザインミュージアムを作ろう!」の活動の一環として放送された番組「デザインミュージアムをデザインする」の企画、制作を担当しました。

「デザインミュージアムをデザインする」は、さまざまなクリエイターたちと共に考えてきた「日本にどんなデザイン・ミュージアムをつくりたいか?」を、デザインの最前線にいるクリエイターと共に「”デザイン”とはなにか?」そして、日本のデザインミュージアムのかたちについて考えてゆく番組です。

三宅一生さんと青柳正規さんが2012年に提唱した精神を旗印とし、日本初のデザインミュージアム実現にむけて様々な活動がリスタートしました。みんなでアイデアを出し合い、どんなミュージアムを作りたいのか、具体的な姿を考えるシンポジウムや公開ミーティングなどが、2019年より行われています。

https://www4.nhk.or.jp/P6173/

【第一回放送】
出演:佐藤オオキ(プロダクトデザイナー)
横山いくこ(キュレーター)
森永邦彦(ファッションデザイナー)
田根剛(建築家)
中村勇吾(インターフェースデザイナー/プログラマー)

【第二回放送】
出演:佐藤卓(グラフィックデザイナー)
田川欣哉(デザインエンジニア)
辻川幸一郎(映像作家)
三澤遥(デザイナー)
水口哲也(ゲームデザイナー)