カテゴリー
WORK

Robot Viewing

距離や時間、障害や持病、感染症予防対策などにより、イベントに直接訪れることが難しい方々へ、ご自宅からオンラインで現地のロボットを操作することで自由にイベントに参加できるシステム「Robot Viewing 」を開発しました。また、7/23(木・祝)より東京藝術大学 大学美術館で開催されている特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」にて、サービスの運用を開始しています。本展示では、”ロボ鑑賞会“として「Robot Viewing 」を使用した新しいアート鑑賞体験を提供しています。

「Robot Viewing」は、ご家族やお知り合いと一緒に多人数 (※現状最大5人)でログインし、ビデオチャットをしながら会場にいるロボットを操作することでイベントを楽しむことができたり、ロボットのスピーカーを通じて現地の人とのコミュニケーションをとることができます。また、オンライン予約スケジューリング機能を搭載しており、イベントのタイムスケジュール、導入台数に合わせて柔軟にロボットの稼働をスケジューリングすることが可能です。

今後は、課金システムとの連携、現地への映像投射機能などのアップデートを予定しており、美術展示だけでなく、商品発表会や各種屋内展示イベントなどでご活用いただけるサービスとして展開していきます。ご興味のある方は「hello@whatever.co」まで、お問い合わせください。

【特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち -」開催情報】
会期:2020年7月23日(木・祝)~9月6日(日)
※休館日:月曜日(ただし、8月10日(月祝)は開館、8月11日(火)休館)
開館時間:10:00~17:00(最終入場は16:30)
会場:東京藝術大学大学美術館(〒 110-8714 東京都台東区上野公園 12-8)

カテゴリー
WORK

Future Box Seatβ

電通がスポーツ&エンターテインメント領域のデジタルトランスフォーメーション共創プロジェクトの第1弾としてファイターズ スポーツ&エンターテイメント社と共に発表した、未来のリモート観戦席「Future Box Seatβ」のプロトタイプ開発を担当しました。

「Future Box Seatβ」は、遠隔でロボットを操作することで、選手に応援の拍手を送れたり、ロボットの頭についたカメラを自由に360度動かして会場の雰囲気を感じたり、モニターに自分の顔を表示して選手と会話を楽しめるなど、まるで会場にいるかのように観戦ができる仕組みを実現しています。

また、2020年7月14日開催のプロ野球公式戦@札幌ドームで実証実験として先行導入され、今後は、スポーツのみならず、音楽コンサートや劇場公演など、さまざまな会場でのエンターテインメントのイベントにおいての実用化を2021年に目指しています。あらゆる理由で会場に行けないファンにも、その場にいるような新しい体験やファンサービスを提供します。

カテゴリー
NEWS

記事掲載『FUJI ROCK ’19 by SoftBank 5G』

渡島健太がTechnical Directorを担当したアプリ「FUJI ROCK ’19 by SoftBank 5G」の開発ストーリーがPARTYの公式noteに掲載されました!
 
Engineerを担当されたPARTYの児玉広樹さん、森慶太さん、guildの北田荘平さん、小玉千陽さんとともに裏側について話しているので、ぜひご覧ください。
https://note.mu/prty/n/n3c78cb268abb