カテゴリー
WORK

Robot Viewing

距離や時間、障害や持病、感染症予防対策などにより、イベントに直接訪れることが難しい方々へ、ご自宅からオンラインで現地のロボットを操作することで自由にイベントに参加できるシステム「Robot Viewing 」を開発しました。また、7/23(木・祝)より東京藝術大学 大学美術館で開催されている特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」にて、サービスの運用を開始しています。本展示では、”ロボ鑑賞会“として「Robot Viewing 」を使用した新しいアート鑑賞体験を提供しています。

「Robot Viewing」は、ご家族やお知り合いと一緒に多人数 (※現状最大5人)でログインし、ビデオチャットをしながら会場にいるロボットを操作することでイベントを楽しむことができたり、ロボットのスピーカーを通じて現地の人とのコミュニケーションをとることができます。また、オンライン予約スケジューリング機能を搭載しており、イベントのタイムスケジュール、導入台数に合わせて柔軟にロボットの稼働をスケジューリングすることが可能です。

今後は、課金システムとの連携、現地への映像投射機能などのアップデートを予定しており、美術展示だけでなく、商品発表会や各種屋内展示イベントなどでご活用いただけるサービスとして展開していきます。ご興味のある方は「hello@whatever.co」まで、お問い合わせください。

【特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち -」開催情報】
会期:2020年7月23日(木・祝)~9月6日(日)
※休館日:月曜日(ただし、8月10日(月祝)は開館、8月11日(火)休館)
開館時間:10:00~17:00(最終入場は16:30)
会場:東京藝術大学大学美術館(〒 110-8714 東京都台東区上野公園 12-8)

カテゴリー
NEWS

イベント登壇『#つながっていいとも』

Peatix Japanx 主催のオンラインイベント『つながっていいとも!』に、リモートワーカー用部屋着『WFH Jammies(https://www.makuake.com/project/wfh-jammies/)』の仕掛け人として、 Makoto Fukuchiが出演します。
 
ランチタイムのお供にぜひ!
以下より、無料チケットへのお申し込みが可能です。
 
https://20200623iitomo.peatix.com/

カテゴリー
WORK

WFH Jammies

上はビジネス、下はリラックス。リモートワーカー用部屋着「WFH (Work From Home) Jammies」を企画・制作しました。

世界中で新型コロナウィルスが猛威を振るう中、多くの企業が家でのリモートワークを推奨し、Zoomなどを使ったビデオ会議が、新しい働き方として一般的になってきました。自宅でリラックスしながら部屋着で働ける一方、クライアントや上司との会議では、きっちりとした服に着替えなくてはいけない…。

「WFH Jammies」は、そんなリモートワーカーの悩みを解決する部屋着です。ビデオ画面に映る部分だけがフォーマルなシャツスタイル、画面に映らない部分が部屋着になっており、起きてすぐのプレゼンテーションも、寝る前のクライアント会議も、ストレスなく解決してくれます。

また今回、ファッションブランドLOKITHOのデザイナー・木村晶彦さんにご協力いただき、服のデザイン及び製造までを担当していただきました。プロダクトアイデアとしての面白さだけではなく、デザイン性や着心地などにもこだわって制作をしています。

現在、WFH Jammiesは、コワーキングビルWHEREVER 1Fにある未来の日用品店『News Stand Tokyo』にて店頭販売を行っています。また、News Stand Tokyoのオンラインストアでも販売しています。

第二弾(終了) Makuake
期間:5/22~6/29
https://www.makuake.com/project/wfh-jammies/

第一弾(終了) Kickstarter
期間:5/7~5/21
http://kck.st/3funucs